anemone pierce

ガラス作家、辻野剛氏の個人工房からスタートしたfresco。
「目に見えるものたちの集まりが、目に見えないものを作る。」というデザインポリシーのもと制作をしています。
一つ一つハンドメイドで作られるガラスは、色の混ざり合いによる独特の「ゆらぎ」が特徴で、それぞれが個性を持ち、ユーザーがそれを個人の感性で選択する楽しみがあります。

[anemone]アネモネ
その名の通り、花のアネモネやイソギンチャクのような形です。
器を作る同じ溶鉱炉から、職人がガラスを吹いて作り、
いくつもの行程を経て一点一点手作業で作られています
色の付いた板状のガラスをお皿を作るのと同じ工程で吹いて制作したものをベースにし、
その上に、透明の四角い粒(細い角柱棒を作って切っています。)を載せて電気炉で焼きます。
周りの余分な部分を削り取るなどその後3つの工程を経て、つやが出るように仕上げています。

色は吹いて作るため、同じ色でも濃淡があり、
既成の板ガラスとは違う個性が出てきます。
色には個体差があります

両耳(2個セット)販売です

カラー black / red / gray (ペールブルーのような色です)

*只今 red 欠品中です。8月末に再入荷予定です。

約 0.7mm × 0.7mm (1点1点寸法は異なります)
金具部分 シルバー
モチーフ部分 ガラス

(fresco / JAPAN)
¥8,856



  • Share

Back to Index